世界の政治に関する最新ニュースを解説

英国 スコットランド独立 賛成派優勢になるか

スコットランドを英国から独立するべきかを決める住民投票まで3週間を切っている中、最新の世論調査の結果で独立を支持する声が増えていることが分かりました。

英世論調査会社が8月28日〜9月1日まで行なった調査では、スコットランドの独立に賛成している割合が47%、反対している割合は53%となっています。
8月中旬に実施した調査よりも賛成派が4%増えており、上旬の調査結果から見ると8%も増加していた結果になりました。

今回の調査結果について独立支持派のグループ「イエス・スコットランド」は「18日の投票日が近づくに連れて賛成派・反対派どちらも勢いを得ていることが反映されている」と考えています。
一方で反対派のグループ「ベター・トゥギャザー」側は、調査結果について「英国残留を望む有権者が多いことが示されている」と述べています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。