世界の政治に関する最新ニュースを解説

「食の安全」 関係改善に向け日中実務者が協議

6日の北京で、日中両政府による実務者会議が行なわれます。
中国の期限切れ食肉問題が発端となった、食の安全確保について話し合われるそうです。
この協議は日中関係の改善に向けた糸口を探す狙いもあります。

日本側が打診して実現した協議で、厚生労働省担当者と、中国で食品の安全管理を担っている様々な機関の担当者が出席します。
今後は日中が協力して食の安全確保を強めて行くとみられています。

7月に発覚した期限切れ食肉加工品の供給では、未だ一部商品の販売中止など波紋が広がっています。
そんな中で中国当局が今回協議に応じたのも日中関係の改善に向けたシグナルとも見られています。
11月に安倍首相が目指している首脳会談実現に向けて環境整備が進むが焦点となりそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。