世界の政治に関する最新ニュースを解説

農水省、農業で障害者支援

農水省は、農業で働く障害者支援のためのジョブコーチ制度を来年創設すると発表しました。

内容としては、障害者支援や就労先の農家に対する助言を行う農業に特化した制度を作るとの事ですが、現在では農業研修用のカリキュラムを鋭意作成中との事ですよ。

ジョブコーチとは厚労省の支援事業でしたが、農水省がこの仕組みを参考にして制度を作り、障害者の農業現場での就労をサポートするのだそうです。

一部の自治体では既に独自の人材育成を行っていて、数百人以上が研修を受講済みだという事ですが、この研修について全国共通の基準が設けられていないのです。

研修については、実習と座学を1週間行う事になるそうですが、このような支援は必要不可欠ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。