世界の政治に関する最新ニュースを解説

露から提示された前提なし平和条約、日本の対応は?

日本とロシアの間には北方領土の問題があり、現在でも協議が行われていますが、日本時間の12日にロシアのウラジオストクで行われていた第4回東方経済フォーラムにて、ロシアのプーチン大統領が驚きの発言をしたと話題になっています。

プーチン大統領が提示したのは「前提条件なしの平和条約の締結」であり、領土問題を棚上げして平和条約を年内に締結したいという考えを思いつきで発言したとのことです。

日本政府の姿勢としては、「北方領土問題をきちんと解決してから、平和条約を締結する」という事に変わりは無いと主張しており、ロシアからの挑発ではないかという声もあるそうです。

ロシア側の提案を鵜呑みにして言いなりになって事を進めてしまうと、北方領土の問題も有耶無耶になる心配があるので、今後も交渉していく必要があると言えそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。