世界の政治に関する最新ニュースを解説

2018年、政党交付金の見通しとは

1月17に日、2018年の政党交付金の受給申請があったと発表されましたが、合わせて約317億円の政党交付金が交付されるとのことです。

政党交付金の制度に反対の姿勢を示している共産党は交付金の申請を行っていませんが、議席を多く獲得した自民党は、最も多い約174億円が支給されるとのことです。

分裂騒動のあった民進党は前年より54,7%減少でも約35億円になるとのことですが、その民進から分裂した立憲民進党は約27億円を、希望の党は約30億円になる見通しです。

政治を遂行する上で、それなりの金額は必要かもしれませんが、この政党交付金は国民の血税ですから、無駄な金は廃止して、育児など求められている分野に使ってほしいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。