世界の政治に関する最新ニュースを解説

発足から5年の復興庁、現状と課題は?

復興庁は、東日本大震災をきっかけに、復旧と復興を担う組織として2012年に発足されましたが、今月の10日で発足5年になりました。

今後も地震が起きた他の地域の復興復興や再生も期待されていて、完全な復興のためにどのような役割を果たすべきか、現状のと課題についてまとめています。

この5年の間で、職員が被災地に訪れ、コミュニティーの再生や産業、インフラの復旧のために国費を費やすなどして、新たの災害復興の形式を作りました。

復興庁は2020年までの期限がある組織ですが、その後に復興を担う組織などはまだ決められておらず、後継の組織を作っておく必要があり、何処に住んだとしても普通に暮らせる行政を行うべきなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。