世界の政治に関する最新ニュースを解説

政府が破壊措置命令、北のミサイルに備え

日本政府は8月8日、北朝鮮からの相次ぐ弾道ミサイル発射に備えるため、3ヶ月の期間限定で破壊措置命令を出しました。

北朝鮮は発射の兆候をつかむのが難しい移動式の発射台からの、予告なしの発射を繰り返しているため、不測の事態が起きる可能性を考慮して、より早い迎撃態勢が取れるよう、常時破壊措置命令を出している状態にしています。

3日にも日本海の排他的経済水域に、北朝鮮のミサイルが落下し、青森や秋田、山形の3県に不安と緊張が走っています。
最近では沖縄県尖閣諸島周辺に、機関砲を搭載した中国の過去最多数の公船が領海に侵入し、問題になっています。

日本の安全を守るためにも、政府には厳格な対応が求められるということでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。