世界の政治に関する最新ニュースを解説

年金収入280万円以上の高齢者 介護サービス負担増

本日18日午前の参院本会議で、超高齢化社会に対応した医療・介護サービスの改善を図る医療・介護総合促進法が自民、公明両党の賛成多数で可決、成立しました。

同法は2015年8月から適用され、増え続ける介護費用を抑制する為に、高齢者が介護サービスを受ける自己負担割合が2割に引き上げられます。
全員が対象という訳ではなく年金収入が280万円以上の高齢者に限定されています。
これによってどれだけ介護費用が抑制されるか、注目が集まります。

医療分野では「地域医療構想」の策定を求め、医療機関個別に必要な病床などをはっきりさせ都道府県別に病床再編にあてる基金を設置するそうです。

他にも年間1300~2000件も発生している医療事故の原因追及と再発防止を求める「医療事故調査制度」も創設されました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。