世界の政治に関する最新ニュースを解説

8年ぶり ガザ地区からイスラエルへの農作物輸出が再開

パレスチナ自治区ガザ地区で、境界の封鎖で途絶えていたイスラエルに対する農産物の輸出が再開されたことを非政府組織が明らかにしました。

収入を農業に頼っていたガザにとって、イスラエルのガザ封鎖による厳しい物資の運搬制限は大きな問題となっていました。
しかし時が過ぎるに連れてガザの農業に麻痺状態が見られるようになった事や、国内のユダヤ教徒からの強い要望があったことからイスラエルは農作物の輸出を認める発表をしていました。

イスラエルの人権団体は、同管轄下の検問所で実に8年ぶりの輸出が行われたことを発表。
今年がユダヤ教徒がイスラエル国内でユダヤ人によって生産された食物が食べられないという、7年に1度の年であることも大きく関係していると考えられています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。