世界の政治に関する最新ニュースを解説

インラック前首相、弾劾成立 職務怠慢による起訴も

タイの暫定議会である立法会議は23日、コメ買い上げ制度をめぐる職務怠慢に問われていたインラック・シナワット前首相に対する弾劾決議案の投票を行いました。
結果賛成190票でインラック前首相の弾劾が成立し、今後5年間の政治活動の禁止が決定しました。

一方で弾劾決議の数時間前には、検事当局による同氏の職務怠慢に対する起訴が明らかにされており、国家汚職追放委員会が提供した情報から立件可能と判断されました。
もし有罪になった場合は最大10年の刑が科される可能性が出てきています。

インラック前首相はタイ初の女性首相。
支持の基盤となっている村に多額の予算を使いコメ担保融資制度を導入したことで反政府デモの抗議が拡大、政権の座から退きました。

今回の弾劾成立と起訴からタイ国内の政治対立が深まる恐れもあると考えられます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。