世界の政治に関する最新ニュースを解説

スコットランド独立問題に終止符 住民投票で否決へ

18日にイギリス北部のスコットランドの独立を巡る住民投票が行なわれました。
スコットランド独立の是非がかかったこの投票は19日に開票が行なわれ、10ポイント差で否決の結末となりました。
投票区は全32区で、残り1区を残した集計終了時点では独立賛成派の投票数44.58%、反対派が55.42%でした。
これにより300年続いているイングランドとの連合は継続が決定されます。

独立賛成派を率いていたスコットランド民族党党首アレックス・サモンド氏は支持者らを前に「現時点でスコットランドは独立しないことを選んだ」と結果を受け入れている旨を述べました。

今回の投票はイギリス内で最も投票率が高かった住民投票で、90%を超えた投票率は1950年の英総選挙の記録を破る結果となりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。