世界の政治に関する最新ニュースを解説

カテゴリー:国内

子ども国会の開催、東京五輪などを議論

近年の国会では、野党議員による居眠りやヤジなどが横行しており、国会議員とは思えない行為により議論の進行が妨げられるという場面が見られることがありますが、30日に開催された子ども国会では参加者全員が一生懸命に議論を行っていました。 参院…

詳細を見る

2020五輪対策、クルーズ船を宿泊施設へ

6月29日、2020年の東京五輪に向けて、様々な判断や決断が行われていますが、宿泊面での運用や制度などの課題を解決すべく関係省庁が会議を開催しました。 五輪開催期間中には、日本人を含めて800万人以上の観光客や大会関係者が訪れると見込…

詳細を見る

宮城、豪雨を想定して浸水区域を見直し

多くの地域で梅雨入りが発表されましたが、地域によってはゲリラ豪雨などの被害も考えられますし、浸水の際の避難について日頃から考えておく必要がありますが、今回宮城県は大規模の豪雨を想定して管理している32の河川の洪水浸水想定区域を見直すとのこと…

詳細を見る

無人島273島の国有化が完了

竹島や尖閣諸島の領有権の主張などで一部の離島が話題になっていますが、今月5日に政府は所有者の分かっていない離島の273島の国有財産登録を完了したと分かりました。 今回登録された273島の内の16島が、排他的経済水域の基点になっていると…

詳細を見る

夕張市が提示した新たな財政再生計画、国が同意

北海道にある夕張市は、2006年に財政難により財政破綻しましたが、財政再建団体として指定され、今年で10年の局面を迎えました。 夕張市は、2029年度までの新財政再生計画を新たに策定しましたが、今月7日、総務省がその計画に同意したとの…

詳細を見る

発足から5年の復興庁、現状と課題は?

復興庁は、東日本大震災をきっかけに、復旧と復興を担う組織として2012年に発足されましたが、今月の10日で発足5年になりました。 今後も地震が起きた他の地域の復興復興や再生も期待されていて、完全な復興のためにどのような役割を果たすべき…

詳細を見る

平成31年、ついに新元号へ?

去年、天皇陛下の退位についてニュースが飛び交っていましたが、政府は2年後の2019年、平成31年の元日に天皇即位に伴う儀式を行い、新元号へと変更されるとのことです。 譲位はデリケートな問題ですから、この一代限りとしており、現在は、譲位…

詳細を見る

日本にカジノ?話題のIR法案とは

6日に参議院本会議で可決された「IR法案」が話題になっていますが、なぜカジノを成立させるのか、問題点はあるのかなどの疑問点を整理して政治にもっと詳しくなりましょう。 近年、訪日観光客が増加傾向にあり、各地の観光地で盛り上がりをみせてい…

詳細を見る

東京五輪ボート会場で見直し、知事が会談

エンブレムや新しい国立競技場問題など、問題が尽きない2020東京五輪ですが、予算や会場についての新たな問題も浮上しているようです。 12日に都庁で、東京都の小池百合子都知事は、2020年の東京五輪・パラリンピックのカヌーやボート会場と…

詳細を見る

築地移転、豊洲汚染対策で新たな問題

10日、東京都の小池百合子知事は、築地移転の予定地である豊洲市場の土壌汚染対策について、緊急会見を行いました。 その会見によると、豊洲市場では汚染の対策として建物の地下に盛り土を行う必要があったのですが、実際は盛り土が行われておらず空…

詳細を見る